私はこう思うと発する影であの人が傷ついてやしないかと

3年

言葉になりません

3年たった自分の思いをどう言語化してよいのか。

1度口火をきったらたくさんの迷い、とまどい、葛藤、ありとあらゆるマイナスの

感情がでてきてしまうのではないかと。

 

私はこう思うと発する影であの人が傷ついてやしないかと。

そしてこう思うことで自分も。

 

子どもたちの笑顔に影を落とす選択は私はしません。

私は子どものため、私のために、笑顔でいる時間を増やしました。

罪悪感も伴いながら。

その重石を減らすために、どうしたらよいのかと考え続けました。

 

変わらず笑顔でいる人に、あなたは何を考えているのですか?

疎遠になってしまった友人に、今は何をどうしていますか?とたずねたい。

 

被害者意識はとうに捨てました。

私は世の中の思い描く被災者・避難者像に答えるのはやめました。

 

同情も重いが、あなたとは違うから、という突き放さ方もさみしかった。

 

人生は選択の連続だと言うけれど、前に進めているのでしょうか。

 

 

友人の顔、家族の顔を想い描きながら、元気でいてくださいと思います。

 

いろんな感情が噴出しますが、それでも私はすべては幸せに向って

つくられていると思っています。創っていけると。

 

3年間よくがんばりました。

支えてくれた方々、仲間たち、地球、すべての存在たちに感謝をこめて。

 

幸せでいてくださいね。

 

 

 

(E.Y 311後宮城県から移住)

 

 

ーママは原発いりません 4年目のメッセージー

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55