2012年

3月

23日

3.11

皆さん日曜日は本当にお疲れさまでした。

3.11虹のひろば、脱原発 の文字は削られちゃったけど、放射能の危険から逃れてきた避難ママの存在や、ママ原デモのVTRをあの場で流せたことは、ものすごく意味のあることだったと思います。

実行委員の皆さん、本当にお疲れさまでしたm(_ _)m どうもありがとう。

 

また3・11福岡集会の壇上では、我らがアメリのスピーチが。

私はその後ろ、のぼりの陰でとまらない涙を拭いました。

2時46分の黙祷の後に抱き合って泣いていたアメリ&トニーネと一緒に、

福岡に着いた夜、福島がどうなるかわからない、途方もない大きな事故になってしまうかもしれない、全基が爆発を起こすかもしれないと、福島で収束作業にあたってくれている人達に、亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんに、泣きながら祈ったことを思いだしました。

そして、その輪に加わったハリイさんの言葉がずっと心に残っています。

 

ごめんね、こんなことが起きてしまって、ごめんね、って。

 

福島の事故はハリイさんのせいじゃないのに。

そんな思いで、そんな責任感を持って、ずっと私たちに寄り添ってくれているんだなって。

大人が皆、そんな大人だったら、今、世界はこんなじゃなかった。

 


デモで声をはりあげる子ども達を見て、大きくなってもきっと世の中の間違ったことに雄々しく立ち向かってくれるんだろうなって、頼もしく思いました。

 

皆、本当にありがとうー

 

 

 

(ミトン)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55