2012年

2月

25日

〜ムダなダム 下から読んでも ムダなダム〜

おはようございます、ミトンです。

ちょっと長くなりますが、レポートします

 

 

先日、五ケ山ダムの500億円を福島へ の講演会に行ってきました。

電気だけじゃなくて、水道もか〜

なるほどの構図がここにも。納得の講演会でした。

福岡は水道代がやたらに高いぞと思っていましたが、そんな方いらっしゃいませんか?

 

●●福岡市議・荒木龍昇さんから、"福岡市の水道水は余っている" こと。

福岡市の過去10年間の 給水人口(=世帯数/移住人口 と捉える)は増えてきているが、節水技術の向上や、節水努力により、1日平均給水量は横ばいで、増える見込みはない。

 

また、

●●佐賀大学名誉教授・久保浩洋先生より、五ヶ山ダムでは水害は防げない こと。

国交省の 水害統計 で、水害の場所を調べたが、那珂川本流から溢れたものはなく、

水害防止に、ダムは役立ちそうにない。

 

政府が同建設にあたって高らかにうたう、

 今後増えていく水需要にこたえる為と、

水害の防止の為は、

どうにもあてはまらないようです。

 

 

つまり、

.ダムをつくってお金儲けをしたい人がいて、

.その人達のいいなりの行政がそれに追従し

.周囲の自然をを破壊、人々には立ち退き料、もしくは迷惑料を払い

.巨額の税金を投じ、無用の施設を建設し

.過剰供給のシステムをつくりあげ

.皆が儲からないと困るので、

.結果、私たちが高いお金をだして水を買わされている

(あれ? どこかで聞いたような??)

 

さらに、渇水に備え、ということでもあるようですが、

・平成6年以降17年間は危機的状況はおこっておらず、

・30〜50年に1度の渇水の為に、今この非常時に更に500億円を使うのか??

 

なによりも、

渇水時などの非常時にはバケツを持って並べば良いじゃないか、自然に寄りそって生きるって、そういうことなんじゃないの??

(ここで拍手でした!! わ〜そうだ、そうだ〜!!!!)

 

佐賀県の天然記念物である親子杉を、ダムの底に沈ませてまで、まだやりたいの???? と。

いい加減にしてください(怒)

 

必要性が薄く、自然環境を壊す事業を今すぐ止めて、

フクシマで放射能を浴びる続ける生活を余儀なくされている子ども達を助けること、

その税金を子ども達のいのちと未来のために廻すこと、を福岡県に訴える署名があります。

 

皆さん、ご協力よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    福岡の住民 (木曜日, 17 9月 2015 11:48)

    福岡の水道代が高いのは、ご存じのように水源が福岡市にはほとんどないからです。
    この都市は、70万人くらいが最大人口だと思います。
    確かに福岡は災害も少なく住みやすい都市ですが、これだけの人口を賄い水資源はありません。そこで福岡は、海水淡水化(おそらく逆浸透膜?を利用するか、電気分解、イオン交換のどれかだと思います)という技術によってその需要の半分ほどを賄っています。これはとんでもなくコストがかかります。
    ダムを作って金儲けしている人たちは居るでしょう。福岡のあらゆる利権には、被差別部落の問題もかかわっています。一部の輩のせいで、大半の被差別部落の普通の人たちむしろ善良な人たちが誤解を受けているのも事実。
    しかし水道代が高いのは、飲み水のかなりの部分をダムや取水に頼らないためのコストです。
    周辺の同じように水源のない自治体の水道料金は安く抑えられているのではないかと思います。
    自分がかって調べた時は10年ほど前なので、また事情が変わっているかもしれませんので、ご自分でお調べください。

  • #2

    福岡の住民 (木曜日, 17 9月 2015 11:53)

    すいません脱字がありました
    上から3行目
    「人口を賄い」は間違い「人口を賄うだけの」が正解

    最後から3行目
    周辺の~「水道料金は」は誤り「水道料金よりは」が正解

    失礼しました

無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55