2012年は脱原発の年です。

 

年末年始は親元には帰らず、福岡で親子3人ですごしました。実家に帰らない正月は生まれてはじめてで、あけましておめでとうなんて気持ちにもなれなず、、年賀状も出しませんでした。でも少しでもお正月気分をと思い、福岡風のあごだしカツオ菜の雑煮をつくったりしました。おいしかったです。


福島の親戚からは年賀状でどうぞ遊びにきてくださいやら、逆に頑張ってと言われるやら、放射能のほの字もでてこない生活に私の認識している世界とのギャップに混乱。
群馬の義両親からは暖かくなったらおいでと言われます。
生きている間に会えるのか、会いにいかなくていいのかと福島の祖母にはまだ年始の電話ができません。
毎回電話で、元気に暮らしているよ、元気でいてね、という会話。
曾孫の顔見せられなくてごめんねって毎回思いながら、つらくて口には出せません。

両親にも初孫の顔みせてあげたい。福岡にきたとき3か月だった我が子も1才、月日の流れを感じます。
もちろんつらいことばかりではなく、笑顔いっぱいでやんちゃに育つ子どもをみているとたくさん幸せを感じます。
避難しているみんなは多かれ少なかれある現実ですが。。
年末年始くらい帰れたら私もよかったのかな、と考えてしまう日々でした。

帰りたいけど帰れなかった。

年末は山本太郎さんもたくさん原発関連でテレビに出演されていましたね。
NHKのゆらぐ国際基準はいい番組でした。
民放の聖なる夜と放射能という番組もタイトルはどうかと思いますが、福島の自主避難の家族の様子がありのままに伝えられて、切なかったけどいい番組でした。
ドイツの脱原発デモに参加して、福島市から避難した子どもがドイツで内部被爆検査をするシーンがあるのだけど、検出されなくて!、安堵して涙しました。(逆に他の番組では日本で検査し、強いセシウムは検出されていませんから大丈夫!といった内容もありました。)


・・・・

いろんなことがありましたが、ママげんの皆様昨年は大変お世話になりました。仲間の存在、励ましで過ごすことができた年でした。みんなの存在が私を支えてくれています。

今年もどうぞよろしくお願いします。
2012年は脱原発の年です。(エリイ)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55