10月19日 子どもたちが被曝し続けている

みなさんこんにちは。インディです。

ちょっと風邪気味。今日は寒いね。

 

昨日、東京の家のご近所さんのママさんの息子さんの尿から

セシウムが検出されたと聞きました。

彼女は311以降、本当に死に物狂いで頑張っていて、

港区のこどもを守る会で先頭きって戦ってるひと。

給食の産地公開も各保育園学校公園の土壌調査も

行政や政治家への働きかけもずっとやってきていて

誰よりも内部被ばくの危険性を理解していた。

だから食べ物飲み物には気をつけた。毎月保養疎開させた。

それでも確実に3歳の子の体にセシウムは蓄積されていく。

東京の子ですら。

じゃあ福島の子は?

最近ニュースになる都内のホットスポットくらいの線量、

福島ではそこらじゅうにあるでしょう。

それこそトップニュースになりそうなくらいの汚染がいくらでも。

なのに人々が目を向けないその地で子供たちは確実に被爆している。

どんなに死に物狂いでがんばってるお母さんの元ででも。

どこまで頑張ればいいんだろうって思うよね。

何よりも守りたい我が子が目の前で毒されていくのに。

そんな悲しくて厳しい現実を再認識させられました。

 

以下、彼女の叫びです。

 

------------------------------------------------

あなたを産んだ夜、何度も産みたいと思った。

完璧な個体であるあなたのからだ、あなたの人生。

私のものではない。あなたの人生ははじまったばかり。

放射能が降ろうとも。

すべての母よ、渡り鳥のように子どもを連れて安全なところに飛び立て。

裸で産んだあの日のように、素足で生きることを恐れるな。

 

子どもたちが被ばくさせられている状況を

「あなた自身」に許してはいけない。

あなたがあきらめることは、子どもの未来をあきらめること。

子どもは選択ができない。

どの社会や時代に生まれるかも、どの親のところに生まれるかも。

すべての大人たち、本気で生きよう。

----------------------------------------------------

 

片手間ではなく、寝る間を惜しんで人生かけて行動し続けている彼女の

すべての母への強い強いメッセージです。

 

そう。子供たちが毒されていくことを許してはいけない。

許したほうが自分にとってはずいぶんと楽だけど。

色んな考えの人がいる。

色んな立場の人がいる。

それぞれの事情で行動していること。

ならば私は私の事情で

子供たちが毒されていく状況を許さず、あきらめずにいこうと思う。

母親だから。そんな理由で。

 

トニーネが紹介してくれたカンタ君の詩を読んで、自分に問いかけてみたよ。

 

 わたくしとはなにものなのか

 

 母である。

 母として生きる。

 

今の私に出せるのはその答えだけでした。

 

 22日のママ原、明日から来福する両親が帰る日なので

見送りしだい参加したいなと思っています!

間に合うといいんだけど。

渡利の署名、もっと集めたいね。

EOLAでもっと真剣に集めるべきだったなってちょっと後悔してたとこなので。

 

あとアメリちゃん、

冒険家族行きたいです!

トニーネとミッキーさん、あと誰か行くかな?

アメリちゃんの決断したこれからの話、聞かせて。

わたしもこれからの家族の事をぐるぐるぐるぐる考えています。

 

インディ

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    Silvester (月曜日, 23 7月 2012 15:12)

    Hi there! This post couldn�t be written much better! Reading through this article reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I most certainly will forward this post to him. Fairly certain he�ll have a good read. Thank you for sharing!

  • #2

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 22:06)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.

無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55