9月17日 今月のママ原

  9月17日(土)14:00~ @警固公園 の集まりでは、

 

「東北地方太平洋沖地震の瓦礫処理及び焼却灰の処理に関する請願」と、

「福岡市の学校給食食材に関する請願書」に対する署名を集めました。

 

〜ご協力下さった方々、どうもありがとうございました。〜


”汚染瓦礫と汚染焼却灰処理の問題” に関しては、復興支援の妨げになるから福岡県でも受け入れをすべきである、というご意見も頂きました。

 

ここには、行政の示す ”安全値” が、食品を例にとっても未だ "暫定” であり、放射性物質の性質が、”しばらくの間” で話をするにあまりにも不向きであることも、問題として挙げられると思います。受け入れをした後の周りの環境への影響は、過去のデータ等があって、安全を確約できるものでないのも事実ではないでしょうか。

 

被災地の一日も早い復興を願う思いは、皆一緒だと思います。

けれど、汚染物質を全国に拡散することは、たとえ微量であるとしても、得策であるとは思えません。。

 

 

”汚染ガレキの焼却許可は、福島原発事故の再現です。

       地面に落ちた汚染物質をもう一度、空気中に舞い上げることです。” 

 

                     by NRC(アメリカ原子力規制委員会)

 

 

 

皆さんの街の 焼却炉、もしくはゴミ処理場が、どれだけ放射性物質の外界への遮断性を持つか、是非問い合わせてみてください!

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55