「爆弾をうけた人には塩がいい。

 玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。

 塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。

 そして、甘いものを避けろ。

 砂糖は絶対にいかんぞ」

(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

 

秋月博士や救助にあたった人すべてが強烈な放射能を浴びながらも原爆症になることはなく、助かったのは、玄米味噌汁昆布などの海草類からなる伝統的日本食を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたからだと言われています。日本の知恵を、今こそ生かそう。こちらでは、いろんなレシピを紹介します

 

無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55