耳なしうさぎ生まれる 5/21up

原発事故後、福島県浪江町のキャンプ場で生まれた子うさぎ。動物たちを連れて逃げるわけには行かず、飼い主さんはまだ浪江町にいらっしゃいます。20年間うさぎを育ててきて、初めてのことだそうです

元東電社員の証言 4/29up

福島原発から15キロのところに住んでいた、元東電社員の木村さんの証言です。震災後すぐに那須に逃げたにもかかわらず、4日目から鼻水・鼻血など低線量被ばくの症状が出た。あびた被ばく量率を計算してみたら、20ミリシーベルトになっていたそうです。ご自身は東電の隠ぺい体質に嫌気がさして10年前に辞職したということですが、原子炉の認定出力を操作できる技術を持っていたため、3年間引きとめられ、辞める際にも内部告発を恐れてか「口止め料」的に退職金が850万円上乗せされ、最後は副社長に呼ばれて「わかってるよね?」と言われたとか。ヨウ素は髪の毛から吸収されやすいので、被ばく対策には帽子をかぶったほうがいい、という情報も初めて聞き、参考になりました。(ティナ)

無料カウンター

ママ原でもお馴染み、フォトグラファー・亀山ののこさんの、

新しい写真集 『9』

 

ぜひご覧ください!

 

みどりのカフェ

毎週木曜日 18:00~20:00 

  

ナチュ村・天神イムズ6Fにて 

みどりのカフェ・FB こちらから^^

 

お天気の話をするように、もっと政治の話をしよう!

10代、20代でつくるSAY-Peace PROJECTというNPO法人が、すばらしい冊子を作ってくれました。松井英介(岐阜環境医学研究所所長)監修。若者たち、本当にありがとう! ダウンロードはこちらから。

子どもはみんな、「原発はつくらないで」という、天使たちからの手紙を預かっているんだよ。30年前につくられた原発絵本。PCの方はこちら。携帯の方はこちらからどうぞ。

twitter mamagen55